マナー

出産祝いのマナーと金額の相場【贈るタイミングも大切です】

出産祝いは、親族や友人の赤ちゃんが生まれたら贈るお祝いのことです。

マナーを守って出産祝いを贈ることで、この世で一番おめでたい瞬間を祝いましょう!

出産祝いを贈るタイミング

まず、出産前に出産祝いを贈ることは絶対にやめましょう。
赤ちゃんが必ず無事に生まれてくるとは限りません。
母親だって、出産は命がけで行います。

相手から、「赤ちゃんが生まれました。」
という報告を聞いてから贈るのが大前提となります。

また、産後のお母さんは1週間ほど入院する場合もあります。
産後1週間は贈り物をするのは控えましょう。
親族以外の人は、病院を訪ねるのも控えた方が良いでしょう。

出産祝いを贈るタイミングとしては、お母さんが退院してから、体調が落ち着いてくる出産後2〜3週間にするのがベストです。

生後1ヶ月頃になると、赤ちゃんと両親、祖父母が揃ってお参りに行く「お宮参り」を行うご家庭もあります。
遅くとも、生後1ヶ月までには出産祝いを贈りましょう。

出産祝いの金額の相場

主役である赤ちゃんとの関係でまとめると、以下のようになります。

赤ちゃんとの関係 金額
祖父母 3万円〜
おじ、おば 1万円〜
両親の友人 5千円〜1万円
両親の同僚 3千円〜5千円

赤ちゃんの祖父母からは、数十万円のお祝いを贈られることもあります。
赤ちゃんの誕生は、両親にとっても大変うれしいことですが、祖父母にとっても喜びはひとしおです。
高額すぎると思っても、素直に受け取って大丈夫です。

両親の友人であれば、5千円くらいが相場となりますが、特別に仲の良い友人であれば
1万円程度としても良いでしょう。

両親のいとこの場合は、親しくしているのであれば友人と同程度の額を送りましょう。
特に付き合いのない場合は、出産祝いを贈る必要はありません。

出産祝いの包み方

表書きは「御出産祝」とします。

のしは、「両折のし」とします。
「両折のし」は、慶事一般に使用されます。
のしには「伸ばす」という意味があり、相手の繁栄を祝うという意味があります。

水引は「蝶結び」とします。
何度起こっても良い祝いごとに使用します。
出産ほど、何度起こっても喜ばしいことはないですね。

出産祝いの品の選び方

出産祝いを、お金ではなく品物で送りたいという方も多いです。
出産祝いでのオススメの贈り物を紹介します。

自然素材のおもちゃ

ベビー服を贈りたいという人もいると思いますが、それよりもおもちゃがオススメです。
赤ちゃんの成長は早いため、洋服は数ヶ月で着られなくなってしまいます。

おもちゃは、生まれて間もなくから使うことができますし、赤ちゃんの成長に合わせて使うこともできます。
生まれて間もなくは、ご両親が赤ちゃんに見せたり、動かしたりして一緒に遊べますし、赤ちゃんが成長したら、自分で手にとって遊ぶことができます。

おもちゃはたくさんあっても困りませんし、そんなに高価なものではないので、両親のお友達でも気軽に贈ることができます。

特に、音のなるおもちゃはオススメです。
赤ちゃんは、お母さんのお腹の中にいる時から音が聞こえていると言われています。
赤ちゃんを泣き止ませる方法の一つに、両親が音のなるおもちゃを鳴らして赤ちゃんの興味を引くのも有効なので、音のなるおもちゃは重宝します。

また、赤ちゃんはおもちゃを必ず口に入れるので、飲み込めないようなある程度大きいもので、自然素材のおもちゃを選ぶと良いでしょう。

育児用品

育児用品には、ベビーカーやチャイルドシートなど、高価ですが必ず必要になるものがあります。

赤ちゃんの祖父母や親戚の方の贈り物としてオススメです。

ベビーカーやチャイルドシートは、機能も値段も様々なものがありますので、赤ちゃんのご両親と一緒に買いに行くのが良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんが生まれるということは、親類にとっては親戚が増えることになりますので、大変おめでたいですよね。

その分、お祝いも高額になりがちですが、一生のうちでそんなに多くあることでもありませんので、ちょっと奮発して気持ちのこもった贈り物をしても良いのではないでしょうか。