マナー

新築祝い、引っ越し祝いを渡す時のマナー【祝い金の相場や封筒の書き方も解説】

住宅の購入は人生の節目でもあり、非常におめでたい事ですよね。

「新築祝い」は、新築で住宅を建てたときや、新築マンションを購入した場合のお祝いです。
住居が完成したとか、新築マンションを買ったのでお披露目したいと伝えられたら、ぜひお祝いを持って伺いましょう!

「新築祝い」に対して、中古物件や中古マンションを購入した時は「引越し祝い」となります。
新築ではなくても、住居を購入することはおめでたいですよね。
賃貸から賃貸に引っ越した場合も、「引越し祝い」には間違い無いですが、お祝いをする人は少ないです。

新築祝い、引越し祝いの相場

お金で渡す場合、親族の場合1〜5万円。
ごく親しい友人であれば1万円。
友人や同僚の場合は5,000円〜1万円が相場となります。

新築祝い、引越し祝いの包み方

新築祝い

表書きは「御新御築祝」とします。

のしは、「両折のし」とします。
「両折のし」は、慶事一般に使用されますが、結婚祝いだけは「方折のし」を使います。
のしには「伸ばす」という意味があり、相手の繁栄を祝うという意味があります。

水引は「蝶結び」とします。
何度起こっても良い祝いごとに使用します。
新築を建てることは、何回あっても良いですよね!(お金さえあれば…)

引っ越し祝い

引っ越し祝いの場合は、表書きを「御餞別」とします。

のしや水引は新築祝いと同じです。

新築祝い、引越し祝いで品物を渡す時のマナー

新築祝い、引越し祝いの場合は、お金ではなく品物を渡しても良いですね。

新築祝いで贈るもの

基本的に贈り物は本人の希望、趣味に合わせます。

よく贈られるのは、時計、額、観葉植物、家具などのインテリア類ですが、もらう側として趣味に合わないインテリア用品は困ります。

新築祝いの品は、あらかじめ本人の希望を聞いて贈るのが良いでしょう。
色、テイスト、デザインなどを指定してもらったり、カタログから選んでもらうのがオススメです。

相手が好きなものを選べるギフトや現金を贈っても喜ばれます。
どうしても希望を聞けなくて、品物を贈りたいときは、ワインや日本酒、タオルや石鹸などの消耗品が良いです。

新築祝いで送らない方が良いもの

火を連想させるものはあげてはいけません。

例としては

・灰皿
・ストーブ
・キャンドル
・赤い花
・その他赤いもの

などとなります。
火事を連想してしまい、縁起が悪いとされています。

他には「壁に穴を開けないと使用できないもの」も避けた方が良いでしょう。
せっかくの新しい家に、傷をつけることになってしまいます。

先ほど、時計を贈ることもあると言いましたが、壁掛け時計は避けるべきですね。

まとめ

贈り物は、贈る人も贈られる人も嬉しい気持ちになることができる素晴らしいコミュニケーションの方法ですよね。

大切な人が住宅を購入されたら、積極的に贈り物をしてみてはいかがでしょうか。