マナー

病院へお見舞いに行くときのマナー【お見舞い金の持参方法も】

お見舞いとは、一般的には災害や事故にあった方や病気で療養されている方の元に訪れ、慰めたり元気付けたりすることです。
訪問してお見舞いの言葉を伝えたり、お見舞いの気持ちを込めた手紙や金品を贈る事で、お見舞いをした人も、お見舞いされた人も気分が良くなりますね。

お見舞いの中でも、病気で入院されている方を訪れることは、私達の生活の中でも度々あることではないでしょうか。

あなたの大切な親族や友人、同僚や上司の方がもし入院したら、すぐにでもお見舞いに行きたいですよね。

しかし、お見舞いもマナーを守って行わなければ、かえって相手に迷惑をかけることにもなってしまいます。

ここでは、お見舞いのマナーについてまとめていますので、参考にしてください。

お見舞いに行くときのマナー

・事前にお見舞いに行っても良いか、いつ行けば良いか聞いておく。

・手術があるときは、手術日の直前、直後は避ける。

・病院の面会時間を確認しておく。

・清潔な服装で行く。

・長居をせず、20分から長くても30分くらいで切り上げる。

・相手の状況や気持ちを思いやり、明るい気持ちになる会話をする。

1つずつ見ていきましょう。

事前にお見舞いに行っても良いか、いつ行けば良いか聞いておく。

相手は病院に入院しているのですから、必ず病院にはいるでしょう。
しかし、当然のことですが、相手は病院で診察や検査等、病気を治すための処置を行っています。
アポイントを取らず、いきなり病院に行っても相手が病室にいるかどうかもわかりません。

相手に直接確認できるのであれば相手に、相手とは連絡が取れない場合は相手の家族に必ず確認して、アポイントを取ってから行くようにしましょう。

病状によっては、相手や相手の家族からお見舞いを断られることもあるかもしれません。
この場合は、手紙を送るなどして、お見舞いの気持ちを伝えるのも良いでしょう。

手術があるときは、手術の直前、直後は避ける。

相手が手術をするとわかっているときは、手術の直前や直後にお見舞いに行くのは避けましょう。
特に、手術前は相手がナーバスになっているため、もしお見舞いに行くのであれば、手術後数日経って、相手が落ち着いてきた頃が一番良いでしょう。

病院の面会時間を確認しておく

面会ができる時間は、病院によって異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

できれば、食事の時間も確認しておくとなお良いです。
相手が食事をしている時間は、面会に行くのを避けましょう。

清潔な服装で行く。

これは言わずもがなですが、清潔な服装で行きましょう。
そして派手な格好はやめましょう。
病人の気にさわりますから、メイクや香水は控えめにしましょう。
病院に不潔な格好で来られたら、当然嫌ですよね…

長居をせず、20分から長くても30分くらいで切り上げる。

相手も気を使いますので、あまり長居をしないようにしましょう。
親しい間柄でも、30分を超えて面会するようなことは避けましょう。

相手の状況や気持ちを思いやり、明るい気持ちになる会話をする。

相手は病気で、普段あなたが接していた状況とは違います。
明るく励ましてあげましょう。

よほど親しい間柄なら別ですが、相手の病状を詳しく尋ねることも避けた方が良いでしょう。

お見舞い金を渡す時のマナー

お見舞い金の包み方

まず、表書きは「御見舞」としましょう。
お見舞い用の封筒は左端に赤い線が入った封筒を使いましょう。

のしには、「伸ばす」という意味があります。
お見舞いの場合は、病気を「伸ばす」ことになりますので、のしはつけないのが一般的です。

水引の結び方は、何度もあって良いお祝い事には「蝶結び」を、繰り返さない方が良いこと(結婚等)には「結び切り」を選びます。
病気は当然繰り返してはいけないので、お見舞い金の場合は「結び切り」の水引とします。

お見舞い金額の目安

家族や親族、特に親しい間柄の場合は5,000円〜10,000円
友人や会社の同僚、上司の方などへは3,000円〜5,000円とするのが一般的です。

注意点として、相場の範囲内であっても4、6、9を含む数字にすることは避けましょう。
4は「死」
6は「無」
9は「苦」
を連想させる数字ですので、お見舞いには適しません。

お見舞いで花を渡す時のマナー

花を渡す場合

入院している方へのお見舞いの定番の品物として、花を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
しかし、病院によっては生花の持ち込みを禁止しているところもありますので、事前に確認をすると良いでしょう。

生花を持ち込む場合でも

・花粉が落ちやすいもの(ゆりなど)

・香りが強いもの

・鉢植え

・シクラメン

・白・黄色の菊

・真っ赤な花

は避けるようにしましょう。

鉢植えは「根付く」すなわち「病が根付く」ことを連想させてしまいます。
シクラメンについては「シク」が「死苦」を連想させてしまいます。
白・黄色の菊は「葬儀」を連想させ、真っ赤な花は「血」を連想させます。

花を渡す場合は、フラワーアレンジメントや手間のかからないプリザーブドフラワーを選ぶことをおすすめします。

まとめ

病気のお見舞いは、相手の状況や気持ちを第一に考えて行いたいものです。
まずは状況を確認して、お見舞いに行ける状況なのかを見極める事が大切です。

私も何回か入院の経験があるのですが、入院中は時間を持て余すことが多いです。
お見舞いされた方はかなり嬉しい気持ちになりますし、相手との関係も深まりますので、積極的に行うことをお勧めします!