マナー

入学祝いのマナーと金額の相場【小学校・中学校・高校・大学 それぞれ解説】

入学は、子供にも両親にとっても新しい社会へ踏み出す節目となります。
入学祝いとは、この記念すべき節目に、お金や品物を贈る

ことを指します。

入学祝いは、一般的には親族によって送られるものです。
友人や知人の子供に送られることは稀ですが、特に親しい友人の子供に対しては入学祝いを送ってあげると、喜んでもらえると思いますよ!

どこまでの身内に入学祝いを贈るべき?

上にも書きましたが、入学祝いは一般的に親戚によって送られるものです。
自分の子供に入学祝いを贈ることはありませんから、甥っ子、姪っ子、孫に対しては贈るべきであると思って間違いありません。
それよりも遠い親戚の場合は、贈る必要はないということになります。

また、ごく親しい友人の子供に贈ることもあります。

入学祝いをお金で贈る時のマナー

表書きは「御入学御祝」とします。

のしは、「両折のし」とします。
「両折のし」は、慶事一般に使用されますが、結婚祝いだけは「方折のし」を使います。
のしには「伸ばす」という意味があり、相手の繁栄を祝うという意味があります。

水引は「蝶結び」とします。
何度起こっても良い祝いごとに使用します。
入学の日を迎えることは、当然何回もありますよね!

入学祝いは、入学式の1週間前までに贈るのが礼儀とされています。

小学生に入学祝いを贈る時の金額、品物の目安

金額の目安

贈る相手 金額の目安
2万円〜
甥っ子、姪っ子 5千円〜2万円
友達の子供 5千円〜1万円

おじいちゃんやおばあちゃんからは2万円以上と高額になる場合が多いです。

可愛い孫のためには、奮発しちゃいますよね!

品物で贈る場合、何を送ったら良い?

小学校への入学祝いの定番といえば、やはりランドセルですよね!
祖父母から孫へ送られるケースが圧倒的に多いです。
子供にも好みがありますので、両親や本人と一緒に選ぶと良いでしょう。

ランドセルの他には
学習机、自転車、地球儀、図鑑、通学用の靴などがお勧めです。

親戚が沢山いる場合、同じ品物を贈ることがないように、あらかじめ話し合っておいた方が良いでしょう。

親しい友人に贈る場合は、現金もしくは図書券にしておくのが無難です。

中学生、高校生に入学祝いを贈る時の金額、品物の目安

金額の目安

贈る相手 金額の目安
2万円〜
甥っ子、姪っ子 1万円〜
友達の子供 5千円〜2万円

品物で贈る場合、何を送ったら良い?

中学校からは本格的に英語の学習が始まります。
辞書は必ず必要になりますので、お祝いとして贈ると喜ばれます。

辞書の他には
iPod、腕時計、デジタルカメラ、図書カードなどがお勧めです。

品物を贈る場合は、既に持っているものを贈ることが無いように、本人から希望を聞いたり、予算を示して選んでもらうと良いでしょう。

大学生に入学祝いを贈る時の金額、品物の目安

金額の目安

贈る相手 金額の目安
2万円〜
甥っ子、姪っ子 1万円〜
友達の子供 5千円〜

品物で贈る場合、何を送ったら良い?

大学生ともなれば、もう成人ということですよね。
パソコンを持っていないようであれば、パソコンを贈るのがお勧めです。
今の時代、大学で使わないということはありません。
値段が値段ですので、親戚一同から贈るという形でも良いでしょう。

大学の入学式はスーツで参加するのが一般的です。
その時に着るスーツを贈るのも喜ばれます。
本人と一緒に、お店に行って選びましょう。

その他では、
財布、万年筆、システム手帳、タブレットなどがお勧めとなります。

大学生の場合も、既に持っているものを贈ることが無いように、あらかじめ本人に希望を聞いてから買うのが良いでしょう。

まとめ

本人にとっては期待と不安が入り混じる入学シーズン。
このタイミングでいただいたプレゼントというのは、大人になってからもずっと覚えているほど、インパクトが強いものです。

是非とも、素敵な贈り物をしてあげて下さい!