マナー

香典返しのマナー【金額の目安と渡す時期を解説】

お通夜や葬儀の際に弔問客からいただいた香典のお礼として品物を送るのが香典返しです。

本来であれば、香典とは不幸のあった家への助け合いの意味合いがあり、必ずしもお返しが必要なわけではありませんが、現代では香典返しは一般的になっています。

また、現代では四十九日の忌明けを待たず、お通夜や葬儀の際に香典を受け取ったその場で香典返しを渡すことが一般的となってます(即日返し)。

香典返しの金額の目安

基本的には、香典でいただいた金額の半額程度の品物としましょう。

ですが、即日返しの場合は、香典をいただいてから品物を選ぶことはできません。
親族以外の弔問客は、香典の額を5千円とするケースが多いので、即日返しの品物は3千円前後の品物を準備しておくと良いでしょう。

もし、高額の香典をいただいた場合は、忌明けに改めて香典返しを贈れば良いですね。

親族には、香典でいただいた金額を確認して香典返しを忌明に送るようにしましょう。

なお、香典返しは挨拶状を添えて送るのがマナーです。
挨拶状は、香典返しを取り扱っているお店であればサービスで準備してくれますので、利用しましょう。

香典返しをする必要がないことも

世帯主が死亡した場合や、故人の意思で香典を寄付するような場合は香典返しを準備する必要はありません。

この場合は、挨拶状を送付するようにしましょう。

香典返しのかけ紙の使い方

香典返しを贈るときは、のしを使用しないかけ紙を使用しましょう。
のしは、おめでたいことに使いますので、香典返しは使いません

表書き

表書きですが、「志」(こころざし)は宗教を問わず使うことができます。

神式であれば「偲草」(しのびぐさ)
キリスト教であれば「召天記念」(しょうてんきねん)または「感謝」

などを使っても構いません。

水引

水引は「白黒の結び切り」とします。
結び切りは、繰り返しを嫌う時に使います。
忌事は当然ですが繰り返したくありません。

また、香典返しの場合は喪主の氏名を書きますが、苗字だけとしても構いません。

香典返しの品でよく使われるもの

カタログギフト

カタログギフトは、贈った相手が必要な物を選ぶことができるため、様々なシーンで使われます。

贈る側も便利ですし、贈られた側の満足度も高くなりやすいと言えるでしょう。
即日返しにもおすすめです。

ブランド物のタオル

タオルは年齢や性別関係なく、誰もが毎日使うものですよね。
タオルは古くなったらとりかえるものですし、ストックとしていくつあっても困ることはありません。

こうした理由から、タオルも贈り物の定番となっています。
香典返しの場面でも、タオルが贈られることも多いです。

洗剤や石鹸、食品などの消耗品

洗剤や石鹸も毎日使うものですよね。
このような消耗品も、喜ばれるギフトとして定番です。

香典返しでは、「不祝儀を残さない」という考え方があるため、使ったらなくなるような消耗品が好まれます。
そのため、お茶や紅茶、コーヒー、海苔、砂糖といった食べ物や飲み物もよく使われます。

このうち、かさばらない海苔やお茶、紅茶は即日返しにもおすすめです。

まとめ

即日返しに好まれる品物はかさばらずに持ち帰りやすいものがいいですね。
参列する側に配慮した香典返しを選びましょう。