マナー

香典を渡す時のマナーと金額の目安【宗教別に解説】

香典とは、死者の霊前にそなえる香に代わる金銭のことです。

お通夜と葬儀・告別式両方に参列する場合は、最初に弔問するお通夜香典を渡すのが一般的です。

香典の金額の相場

香典は、宗教によって金額を変える必要は基本的にはありません。
仏式、神式、キリスト教式等で、金額を変える必要はありません。

あなたと亡くなられた方の関係でまとめます。

亡くなられた方 金額
祖父母 1万円〜
両親 10万円〜
兄弟姉妹 5万円
叔父、叔母 1万円〜
勤務先の社員の家族 5千円〜
友人 5千円〜

上記はおおよその目安ですので、この通りにしなくてはいけないということではありません。
金額に迷ったら、同じ立場の人と相談すると良いでしょう。

香典は、4を含む金額や9を含む金額はタブーとされていますので気をつけましょう。
新札・旧札どちらを渡しても大丈夫ですが、新札を包む場合は一度折り目を入れましょう。

香典の包み方(仏式、神式、キリスト教式)

香典は、不祝儀袋に包みます。

不祝儀袋とは、通夜、葬式、法事などで金品を包む際に使われる袋のことを指します。
「ぶしゅうぎぶくろ」と読みます。

宗教を問わず使用できる書き方

表書きは「御霊前」とします。
「御霊前」は宗派・宗教を問わず使用できますが
「浄土真宗」、「キリスト教のプロテスタント」には使用できませんので、注意してください。

のしは慶事一般に使用するものですので、当然ですがつけません。

水引は「白黒の結び切り」とします。
結び切りは、繰り返しを嫌う時に使います。
お通夜やお葬式は当然繰り返したくないですよね。

浄土真宗のお通夜またはお葬式

浄土真宗では、表書きを「御佛前」とします。

水引は白黒または、双銀の結び切りです。

神式のお通夜またはお葬式

神式では、表書きを「玉串料(たまぐしりょう)」とします。

水引は、白黒または双白または双銀の結び切りです。

キリスト教式のお通夜またはお葬式

キリスト教でも、プロテスタント、カトリックと宗派があります。
表書き「お花料」はどちらの宗派にも使えます。

プロテスタントの場合は「忌慰料」の表書きを
カトリックの場合は「御ミサ料」の表書きを使います。

水引はつけません。
十字架の絵柄がついた封筒を使うのが一般的です。

香典は相手に渡すまでふくさに包んでおく

不祝儀袋はふくさに包んで持参するのが正式なマナーです。
ふくさには「ふくさめる」という語源があります。

「ふくさめる」はふんわりと柔らかく包むという意味です。

慶事には暖色系(赤系の色)のふくさを弔事には寒色系(紺色やグレー)のふくさを使います。

紫色のふくさは、慶事にも弔事にも使えますので1つ持っておくと便利です。