マナー

結婚祝いの品の贈り方とマナー【いつ贈るか、何を贈るか】

祝福の気持ちを込めて送るお祝いの品。
お祝いの品だけ贈っても良いですし、お祝い金とお祝いの品両方を送る場合もあります。

品物を送ることのメリットは、何と言っても相手が品物を使った時に、贈ってくれたあなたの事を思い出すことです。

お祝いの品を送る際ののし紙の書き方

結婚祝いの品を送る時は、必ずのし紙をつけましょう。

表書きは「寿」とします。

水引は紅白の結び切りとします。
結び切りの水引は、固く結んで解けないことから、繰り返しを嫌うお祝い事に使います。

複数人で贈る場合は、全員の氏名を並べて書きましょう。

結婚はもちろん繰り返したくないお祝い事ですよね。

結婚祝いの品を送るタイミング

基本的には結婚式の1週間前までに送る

結婚祝いの品を送るタイミングは、基本的にはお祝い金を送る時と同様に、結婚式1週間前までに直接持参するのが正式なマナーです。

披露宴当日にお祝いの品を直接持参するのはもってのほかですし
披露宴が終わった後に送るのは、遅すぎです。

ただし、おめでた婚など結婚が慌ただしく決まった場合は、挙式後落ち着いてからお祝いの品を贈ると良いでしょう。

ですが、結婚式が近づくにつれて相手は準備に忙殺されることになりますので、品物を購入したデパートから直接郵送するのも良いでしょう。

 

贈るのが早すぎるのもマナー違反

相手が結婚すると聞いてすぐにお祝いの品を送るのもマナー違反です。

相手に披露宴の正体を督促されていると思われることもありますので、披露宴の招待状を受け取ってから、お祝いの品を送るようにしましょう。

披露宴の招待状は通常披露宴の2ヶ月前ごろに発送しますので
披露宴に招待されない場合でも、披露宴の2ヶ月前より早くお祝いの品を送ることは控えましょう。

お祝いの品の選び方

金額の目安は5千円〜1万円

披露宴に招待されていない場合の金額の目安は、5千円〜1万円です。

披露宴に招待されている場合は、当日渡すご祝儀とのバランスを考えて金額を決めましょう。

一番良いのは新郎新婦に欲しいものを聞いて選ぶ

お祝いの品は、新郎新婦が欲しいものを送るのが一番喜ばれます。
既に持っているものを贈ることを避けるためにも、遠慮せずに聞くと良いでしょう。

私の場合は、電気ケトルが欲しいと言って贈ってもったことを覚えています。
欲しいものを贈ってもらうと、非常に助かります

希望がない場合は、キッチン用品や家電などを選ぶ

ホットプレートやブレンダー、ホットサンドトースターなどのキッチン用品を贈れば、新報さんに料理の幅が広がります。

また、新居を美しく保つ空気清浄機や掃除機なども喜ばれる贈り物ですね。

ですが、これらのものは既に所有していることもありますので、心配だという方はブランド牛肉などの高級食材を贈るのもいいと思います。

どうしても決められない時は、ギフトカードを選ぶのが無難でしょう。

まとめ

結婚祝いをお金ではなくて品物で送られてもとても嬉しいものです。
お金は考えなくて済みますが、品物は何を贈るか一生懸命考えてくれているはずだからです。

贈ってもらったものを見ると、贈ってくれた人のことを常に思い出しますよね。

あなたも、結婚祝いは品物で贈ってみてはいかがですか。