マナー

結婚祝い金のマナーと金額の相場【祝儀袋は金額によって選ぼう】

結婚祝い金は、結婚式の1週間前までに新郎新婦の自宅に直接届けるのが正式なマナーなのですが、披露宴に招かれている場合は、披露宴の受付で直接手渡しても大丈夫です。

ご祝儀の相場

ご祝儀は、新郎・新婦との関係で上下します。
金額に迷ったら、表の金額を参考にしてください。

新郎新婦との関係 金額
親族 5万円〜10万円
上司 3万円〜5万円
友人・同僚 3万円

この表はあくまでも参考にしてください。ご祝儀の金額にきちんとした決まりはありません。
新郎新婦との関係性だけでなく、これまでどれだけお世話になったか、これからどんな関係でいたいかなど、相手をお祝いする“気持ち”によって贈る金額を変えましょう。

避けたほうがいい数字

ご祝儀は基本的に奇数とすることが望ましいです。
偶数は2で割り切れるため、別れを連想させるためです。

これには例外があって、2万円はペアを表現しますから、縁起が悪いという金額ではありません。
ただし、披露宴に出席した際の料理や引き出物の合計で2万円以上の費用がかかっていることが一般的なので、できれば2万円は避けたほうが良いでしょう。

また、10万円は偶数ですが、十の位が「1」と奇数であるため、縁起が悪い金額には当たりません。
奇数でも「苦」を連想させる9万円は避けます。

祝儀袋は金額によって選ぼう

祝儀袋は、金額が増えるほど豪華にするのが一般的です。
包む金額と、祝儀袋の飾りが釣り合っていないのはマナー違反です。
特に、安い金額を包む際に豪華な祝儀袋を使うのは絶対にやめましょう。

1〜2万円包む際の祝儀袋

表書きは「寿」と書いてあるものが祝儀袋です。

結婚のような祝い事では、必ずのしをつけます。
両折のしでも、片折のしでもどちらでも構いません。
(画像は両折のし)
のしには「伸ばす」という意味があり、相手の繁栄を祝うという意味があります。

水引は「結び切り」とします。
(写真はあわじ結び)
結び切りは、繰り返したくないお祝い事に使用します。
「結婚」は繰り返したくないものの最たるものですよね!

3万円包む際の祝儀袋

1〜2万円包む祝儀袋と比べ、豪華な飾りのしがついたものとしましょう。
(写真は片折のし)

5万円包む際の祝儀袋

結び切り、老いの波の組み合わせに、豪華なのしがついたものとしましょう。
(写真はあわじ結び、両折のし)

10万円包む際の祝儀袋

豪華な飾り結びがついたものとしましょう。

ご祝儀を準備する時の注意点

必ず新札を使う

ご祝儀に包むお金は、必ず新札を使いましょう。
「二人の新しい門出をお祝いする」という意味もあります。
また、二人の結婚のお祝いのために、手間をかけて新札を準備するくらいおめでたいことだという気持ちを表すという意味もあります。

新札が手元にない場合は、銀行で交換してもらいましょう。

祝儀袋を汚さないようにふくさに包む

祝儀袋はふくさに包んで持参するのが正式なマナーです。
ふくさには「ふくさめる」という語源があります。

「ふくさめる」はふんわりと柔らかく包むという意味です。

慶事には暖色系(赤系の色)のふくさを弔事には寒色系(紺色やグレー)のふくさを使います。

紫色のふくさは、慶事にも弔事にも使えますので1つ持っておくと便利です。

披露宴に出席しない場合は、3分の1程度の金額か品物を送る

披露宴の出席しない場合は、料理等の費用がかからないので、披露宴に出席する場合の3分の1程度の金額を贈りましょう。
送る時期は、結婚式の1週間前までとします。

もちろん、お祝いの品を送っても大丈夫です。

まとめ

ご祝儀の金額は、相手との関係性と今後どのようなお付き合いをしたいかを考えて決めるのが一番いいのですが、金額を迷った場合は同じような立場の人に相談すると良いでしょう。

それでも決められない時は、このページで紹介した相場を参考にしてくださいね。