マナー

結婚披露宴でのマナー【心からの祝福を】

結婚披露宴に招待されたら、新郎新婦を祝う気持ちを大切にしながら、他の招待客に不快な思いをさせないように配慮するようにしましょう。

披露宴会場に到着したら

開宴の20〜30分前に到着するようにしよう

披露宴に遅刻するのはマナー違反です。
交通渋滞や電車の遅れ等も考慮して、時間に余裕を持って家を出るようにしましょう。

遅刻しそうであれば、会場に早めに連絡しましょう。

手荷物をクロークに預ける

会場に着いたら、コートやカバンなどの手荷物はクロークに預けます。
会場には貴重品やハンカチなどの必要最低限の物を持ち込みます。

男性はスーツのポケットに
女性はクラッチバッグに入れて持ち込みましょう。

受付をする

受付係は主催者側の代表です。
「本日は誠におめでとうございます」とお祝いの挨拶を述べてから自分の名前を伝えましょう。

次に、お祝いを持ってきている場合は受付係に手渡しします。

受付を済ませたら、開宴まで控え室で待機しましょう。
控え室に新郎新婦の両親がいるなら、挨拶をしましょう。

挙式にも参加を

「挙式にもご参列ください」と書かれている招待状を受け取ったら、特別な理由がない限り参列するようにしましょう。

披露宴が始まってからのマナー

同じテーブルの人に自己紹介をしよう

係員の指示に従って、会場に入ります。
入り口で新郎新婦や新郎新婦の両親がで迎えている場合は
「おめでとうございます」と声をかけましょう。

席に着いたら、同じテーブルの人に簡単に挨拶をして、開宴まで会話を楽しみましょう。

新郎新婦を拍手で迎えよう

新郎新婦入場の時は、大きな拍手で迎えましょう。
新郎新婦が近くを通ったら、「おめでとう」と声をかけましょう。

新郎新婦がお色直しなどで中座する時は、周囲の人と歓談しながら待ちましょう。

この際、新郎新婦とのエピソード話をすると、すごく盛り上がりますよ!

気をつけたいNGマナー

披露宴の最中に席を立つ

宴が終わるまでは、なるべく席を立たないのが基本のマナーです。
ですが、どうしてもトイレに行きたいとか、気分が悪くなってしまった時はなるべく目立たないように席を立ちましょう。

携帯電話の着信音が鳴る

携帯電は必ずマナーモードにしておきましょう。
主賓の方が挨拶しているときに、携帯電話が鳴ったりしたら新郎新婦に迷惑をかけることにまります。

酩酊する

おめでたい宴なので、楽しくお酒を飲みましょう。
しかし、酩酊するまで飲んでしまうと周囲に大変な迷惑をかけることになります。

お酒はほどほどに飲むようにしましょう。

乾杯の時にグラスを合わせて鳴らす

結婚披露宴では、乾杯の時にグラスを合わせるようなことはしません。

グラスを合わせてヒビが入ってしまうと、たいへん縁起が悪いからです。