マナー

快気祝いを送るときのマナー【贈る時期、金額の目安も】

病気やケガから回復した時、療養中にお世話になった人やお見舞いをしてくれた人に元気になったことを知らせ、感謝の気持ちを伝えるために行うのが快気祝いです。
お見舞いをしてくれた人、心配をかけた人になるべく早く送り、全快の報告とお礼をします。

退院しても自宅などで静養中の間は、快気祝いをする必要はありません。
お見舞いに対する礼状を、本人がかけるのであれば本人が書き、
書けない状況であれば、家族が書き、差し支えのない程度で病状の報告をしましょう。
その後、全快したときに、快気祝いを行いましょう。

治った喜びと見舞ってもらった感謝の気持ちを快気内祝いの品として贈ります。

快気祝いを送る時期

退院時や仕事に復帰したときに贈ります。
期間の定めがはっきりとあるわけではありませんが、退院から10日以内に送るのがマナーです。

快気祝いの金額の目安

金額は、お見舞いに対する3分の1から2分の1程度を目安にしましょう。

また、療養中に特にお世話になった方へは3000円〜5000円を目安に、感謝の気持ちの品を贈りましょう。

快気祝いに贈る品物の選び方

「病気が残らない」、「2度としない」という願いを込めて、食べてしまうもの、使ってしまえば後に残らないものにします。
お菓子やジュース、洗剤などの使ったらなくなる消耗品を送るのが一般的です。

快気祝いの表書き

表書きは「快気内祝」とします。

水引は紅白の結び切りとします。
結び切りの水引は、固く結んで解けないことから、繰り返しを嫌うお祝い事に使います。
病気は繰り返したくないですよね。

病院へのお礼

お見舞いに来てくれた人や、心配をかけた人についてお礼の説明をしてきましたが、
お世話になった医者や看護師にお礼をしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

もし、入院期間が1週間ほどの短期入院であれば、医者や看護師に
「ありがとうございました」「お世話になりました」などの、感謝の言葉を伝えるだけで十分です。

入院が長期にわたった場合、担当の医師や看護師にお礼をするのが一般的です。
医師にはお酒やギフト、看護師には人数分で分けれる菓子が良いでしょう。

ただし、病院によっては受け取らないところもありますので、注意してください。